最近のエディタ visual studio codeを使ってみた。


こんばんは。1年間勉強漬けだったため、最近の動向を収集してました。

その収集情報の一つで、マイクロソフトがweb系開発に使いやすそうなエディタを作っていたので使ってみました。

その名も「visual studio code」。その道の人にはわかりやすいいかにもな名前ですね笑。でも、巨大なIDEではありません!。

特徴は、

・クロスプラットフォーム (マイクロソフトなのに!)

・軽い

・IntelliSense(こいつだけはほしかった!)

エディタっていうのは、要はwindowsのメモ帳を高機能にしたようなものです。ある単語に色を付けたり、キーワードの補完機能があったりします。ショートカットや使い方がわかってくると作業効率がぐーんとアップするんですが、それまでの学習コストが結構かかっておりました。私だけ?笑。

筆者はemacsっていうのを使っており、マクロや重複行の削除など簡単にでき便利だったんですが、windowsだとちょくちょくハングアップしちゃって、悩んでおりました。

そしてこのemacsってのはショートカットが一般的ではなくてですね、それを再現できるエディタを探していたのですよ。当初はsublime text、次にatomとやってみたんですが、やりたいことがなぜか再現できなくて、結局emacsに戻っちゃってて。

visual studio codeは拡張一発+αでほぼ同じようなセッティングにできたので、乗り換えられそうです!。あとはマクロがあればいいんだけど、いまのところないのかな?。

マクロのイメージ↓

 

エディタのDLサイトリンク↓

Visual studio code

 

IT系

Posted by esumura