フィリピン行ってました。ブログの方向性変えたい


お久しぶりです。

3カ月ほどフィリピンにいっておりました。

停電、渋滞、食べ物といろいろと驚きがありましたが、楽しくすごせました。

心残りは、ブログのセキュリティ設定を国内だけからしかアクセスできないようにしており、更新がうまくできなかったことです。いろいろご紹介したかったです。

ダイジェスト版でご紹介します笑。

食事

sisigというフィリピン料理を気に入りよく食べてました。

豚の耳、ホルモン系、とかいろんなものをごちゃまぜにしてスパイシーに炒めた料理です。カラマンシーというライムとチリペッパー、しょうゆを好みに合わせてかけて頂きます。

1ペソ = 2円

下の写真はどこかのお店のセットメニューです。99ペソだから200円ぐらい。

動物がほぼ放し飼い

闘鶏?や犬、水牛などほとんど放し飼いでした笑。そのまま盗まれるレベルです。とくに犬に関しては寄生虫や狂犬病のリスクがあるのであまり触れないほうがいいんですが、いっしょにいた日本人は気にせず触ってました。恐れ知らず。

治安

私はバギオという都市に滞在していたんですが、フィリピン前情報ほど悪くありませんでした。クレイジージャーニー丸山ゴンザレスさんのスラム旅みたいなところはあんまり見かけず。ただし、マニラや繁華街なんかは一本道を間違えると殺される確率がぐんと上がる場所もあるみたいです。

ビジネス

診断士っぽいことも少し笑。マニラに関しては日本レベルになっているようです。ただサービスで比較すると日本は圧倒的に良いことに気づかされました。田舎に行くと日本の1/3ぐらいの物価になり、平均月給料も3万円ほどになるようです。人件費で考えるとすごいことですよね。しかも働いてる人たちは職があるだけましという人も結構おり、必死に働きます。ただし、フィリピン文化的に家族に依存する人が多く、だれかが働き始めるとその人のお金に頼るようです笑。つまり、すぐに失踪します。

驚いたのが人の若さです。平日の昼間、街中を歩くとほぼ若者しか見かけませんでした。またカフェやバーも24時間繁盛しているような感じでエネルギーをすごく感じました。

格差は激しいようで、金持ちは良いものを求めてます。SMモールというイオンモールみたいなところがあるんですが、結構な値段(現地価格)にも関わらず買う人は浪費(同じものを何個も買ったり、非計画購買)してました笑。ただ、労働者階級の方はタバコを一本から買うようなその日暮らしで生活してました。サリサリストアーっていう日本の駄菓子屋(駄菓子だけじゃないですが)みたいなところで買います。

総じて、消費意欲は日本より旺盛です。

フィリピン人はコト(サービス)よりもモノを求めてるのかもしれません。

いっしょにいた焼鳥屋を3回経営してつぶした方は

「昭和の日本」

と表現してました。そうなのかもしれませんね。

 

ところで、診断士勉強開始から2年が発ち、私も次のステップに向かいたく、ブログの趣旨を変更しようかと考えております。

これまで診断士勉強ブログとしてご覧くださっていたみなさま本当にありがとうございました。少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

生活, 英語

Posted by esumura