AMDがついに復活するかも


こんにちは。パソコン大好き人間として、朗報を聞きました。ついに、CPU界で爆死していたAMDが息を吹き返しそうなんです。core 2 系列が発売されて以来intelの独壇場となっており、もうその殿様商売に実質独占市場化しておりました。診断士の勉強をしている方ならおわかりの経済学の独占市場のグラフです。供給側が値段を決めていたんですよ!。ここにきてAMDが復活してくれたら、値段も下がりそうですし、なによりその闘いが熱いです。

直近では、core 2系が出たあたりからAMDはね、もうコテンパンにやられており、迷走しまくりでした。phenomという4コアCPUを投入して「やるやないか」とおもったらエラッタ(CPUのバグ)があったり、販売前の性能グラフでintelを圧倒して「ついに来たか!」と思わせぶりな態度からの蓋を開けたら性能がぜんぜん出なくて販売した瞬間からお亡くなりになったり、8コアですごいですよ!と言ってたら実質4コアの性能じゃんか!と訴えられたリ笑、ネタの提供が絶えず面白かったです。

そんなAMDがRyzenという新アーキテクチャのCPUを3月3日に出すようです。前評判もよく、値段が抑えられていることがおっきいです。本当に性能が事実だったら、デスクトップCPU市場が久々に賑わいそうですね。

デスクトップ市場に活気をもたらす」AMD高性能CPU Ryzen 7は3月3日0時発売、3万8800円から

でも、本当なのかなーまたネタを提供してくれるんじゃないかなー。