私の勉強スタイルと勉強実績 1100時間 ~運営管理~

2017年1月1日


おはようございます!。ついに大晦日ですね。
筆者はスタバ、ミスドとかの福袋が好きで買いに行こうか迷ってます笑。
いつもだと1月1日の12時ごろからイセタンメンズのwebサイトに貼りついて、クリックしまくってます。
あとは診断士試験のためにノートパソコンだけで過ごしており、不便なのでそろそろパソコンを組みたいです。

さて本日は、運営管理についてお話ししたいと思います。
予備校ではこの時期まさに勉強するスケジュールでしたね。
時間がたつのは早いですね。毎日無我夢中で勉強してました笑。

筆者の勉強前知識

筆者は、製造業のSEをやってましたので、工場見学で生産方式はなんとなくわかりました。
あとは、細かいところですが部品表は実務で扱っていたので苦にならなかったです。
逆に、販売管理に携わったことがありませんでした。

一次試験は64点で通過しました。例年と比較し、今年は若干考えさせる問題が出まして驚いたのを覚えてます。

勉強時間と教材

勉強時間と教材は下記の通りです。

予備校テキスト(スピテキ) 基礎トレ(スピ問) 過去問
55.25時間 18.75時間 23時間

合計97時間。企業経営理論や財務会計と比べるとあんまりやってないですね笑。

どうやって勉強したか

3科目目にもなると自分の勉強習慣がこなれてきて、効率の良い勉強の仕方が身に付きはじめていたと思います。
例えば筆者は、

1.連続正答した問題は以降解かない。
勇気がいりますが、3回以上や自分の感覚や経験的に即わかる問題は解かないことにしました。

2.捨て問は一回解いただけ。
重要度がDであったり、時事ネタ的なものは捨てました。
というコツ?を体得しました。要は勉強に濃淡がつきはじめていたんですね。

さらに運営管理では、

1.GMROI、値入計算など手を動かす系は重点的に実施。
7回以上やってました笑。

2.VEVA一次機能二次機能などの暗記系は後回し。
企業経営理論のときの反省を活かし暗記は直前期へもっていきました。

苦労点

SEだった筆者が苦手と言っちゃいけないのですが、PERT図です。
実際に書いて問題を解かないと理解しません。5,6回は書きましょう。

あとは、計算系です。
シンプルな問題はできるのですが、いろいろな角度から過去問が出されており、対応できませんでした。
このへんは過去問や基礎トレ(スピ問)に多面的な問題が載ってますので、ぜひどこからきても対応できるようにされるとよいかと思います。

いかがでしたでしょうか。財務会計と比べると難しい論点がほぼないので、負荷で減ると思います。
その分、忘れてそうな企業経営理論や財務会計に時間を割くのがいいかもしれません。

皆様、一年間ありがとうございました!。来年もぜひよろしくお願い致します。

まとめ

・ただ問題は回すのではなく、濃淡をつけるとよいです。(勇気をもってあえてやらない)
・図表や計算はとにかく書いて理解する。